大腸内視鏡

大腸内視鏡 (大腸カメラ)について

大腸内視鏡 (大腸カメラ)について

肛門からスコープを入れて大腸全長を観察します。
大腸検査は胃カメラより時間がかかり苦痛を伴うこともあるためあらかじめ鎮痛鎮静剤を使用し検査します。従って多くの方が眠っている間に検査が行われます。

小さなカメラで直腸から盲腸までの炎症、ポリープやがんなどを調べるのに使われます。
他の検査では識別困難だった大腸の色調変化や粘膜面の変化をとらえることができるため、小さなポリープの発見も可能です。
また、疑わしい部位が見つかった場合は、生検のための組織を採取することができます。

診療内容

経験症例

消化器肝臓

循環器

呼吸器

内分泌代謝

腎臓・泌尿器

脳神経

血液

膠原病・アレルギー疾患

感染症/寄生虫

耳鼻科疾患

眼科疾患

整形外科領域

小児科

精神科

皮膚疾患

救急/ICU

稀な症例

ブログバナー

患者の気持ち